毛皮の種類で変わってくる買取値段

毛皮にはたくさんの種類があります

冬になると毛皮の製品が売れます。毛皮の製品は昔から人気があり、寒い冬でも外を歩くのに暖かく過ごすことが出来ると言う意味でとても重宝している物です。ただ、毛皮とってもピンからキリまであります。キリの毛皮と言えば、チンチラやミンクなどがあります。およそ安い物でも10万円以上しますが、高い物だと1000万円を超える物も珍しくはありません。 逆にキリの毛皮はラビットやフォックスなどがこれに当たります。2万円から3万円ぐらいでも購入することができますので、比較的誰でも購入することが可能と言っても過言ではありません。これをショップに売るとなると、元値に応じて価格が決まってきます。ただ、元値だけがその価格を左右する訳ではありません。

どこに毛皮を売るかが重要

毛皮を売る場合には、どこで売るかが大事になります。例えば、買取りしてくれるお店は、ブランド品専門店や古着屋買取りショップなどがあります。毛皮の安い物であれば、ブランド品専門店に売却するよりも、古着や買取りショップに売却をした方がいいです。なぜなら、古着や買取りショップは服を一式買う人も多く、その中で毛皮の安い物なら他の冬物と一緒に購入する可能性があるからです。 ですが、ミンクの毛皮のコートを古着屋に持って行っても『1000円ぐらいの冬物と一緒に30万円のミンクのコートでも買うか』という発想の人はまずいないでしょう。古着屋にミンクのコートはあまりにも場違いです。ですので、安いコートは古着屋に、高いコートはブランド品買取りショップに持って行くとより適正な価格で買ってくれます。